アルプトランジット計画


既存のトンネルよりも数百メートル低い位置に新たな基底トンネルを建設し、アルプス山脈を南北に貫いた画期的な移動手段である高速鉄道を建設するという、スイス連邦によって行われているプロジェクトが「アルプトランジット計画」です。アルプトランジット計画のすべてのトンネルには単線トンネルが2本並行して建設されています。これは安全上の理由が関係しています。連絡路をおよそ300メートル毎に設置しているため、お互いに連絡することが出来ます。そのため、片方のトンネルを非常時に使用することで避難することが出来ます。

アルプトランジット計画は、その建設において政治的な背景があります。ヨーロッパ連合とスイスはアルプス山脈を通過するトラックの貨物輸送を制限する交渉をしましたが、これは決裂しました。そのため、スイスはすべての3.5トンを超えるトラックに貨物輸送車両用の税金をキロメートルあたりに課すことを要求しました。これによって、アルプトランジット計画を全て完成させ、トラックの数を制限させなければいけなくなったのです。

スイスのアルプトランジット計画は、アルプス山脈を貫いた高速鉄道を建設するという計画です。これはヨーロッパ連合との政治的な背景が絡んでいます。税金などの諸問題を解決するために必要な鉄道なのです。